フォト

リンク集

金沢和子の活動日記

  • 使えないトイレの写真です!!
    金沢和子の活動を写真で紹介しています。写真として残ることは少ないのですが、写真のあるものは、随時、掲載する予定です。

近況報告

新型コロナの支援制度、緊急小口資金と住居確保給付金の支給について、ブログを更新しました。

新型コロナ感染症の拡大防止のため、全国で行われた自粛規制。
これによって、特にフリーランスの方は、経済的に深刻な打撃となっています。
昨日ぐらいから持続化給付金がようやく支給となっていますが、
5月1日の初日に申請した方にとっては、遅すぎる支給だと思います。
緊急対策であるなら、できるだけ早く行うのが肝心!
この間、私たちが苦労しているのは、既存の制度を緊急に活用するためにどうすのか?
に尽きるので、緊急対策がこれでは、先が思いやられてしまいます。

フリーランスの方が使えるのではと、住居確保給付金と、緊急小口資金貸付について、
お知らせをしてきましたが、これも、既存の制度を緊急に活用しているので、
改善しながら今日に至る、という状況で、課題は残っています。

住居確保給付金制度自体は、もともとが自立支援制度なので、緊急対策になっていません。
国会での奮闘もあり、就労用件については緩和されましたが、毎月、収入状況を確認することが残っています。
私には、「何とかしてフリーランスの方の所得状況を把握しようと、無理をせざるを得なくなっている」、と感じます。
所得を把握するための書類は、地方自治体の裁量に任されているので、自治体によって異なると思います。
ちなみに、船橋市はこちら↓
https://www.city.funabashi.lg.jp/kenkou/fukushi/012/p048334_d/fil/shiori.pdf
給与振り込みが一定の期間から途絶えている通帳とか、
請負契約などがキャンセルされたことがわかる文書でも、対象になっています。
緊急対策としてこの制度を活用するなら、資産要件と、毎月の収入状況の確認は、直ちにやめるべきです。
国の制度なので、簡単に改善できませんが、引き続き、求めていこうと思います。

それと、緊急小口資金貸付制度は、償還時(1年据置、2年以内償還)に、
所得の減少が続いている住民税非課税世帯の場合は、償還が免除されます。
現在は、申請してから1週間程度で入金されるので、私の知る支援制度の中では、
一番早くて使いやすい制度だと思います。

残念ながら、今回の支援制度で船橋市が行っている独自制度は2つしかありません。
それも、今、もっとも困っている派遣労働者やフリーランスの方は、対象外です。

ワクチンが開発されるまでは、コロナ危機は終わりません。
皆さんの声が支援制度に反映できるよう、努力します。

6月議会が始まっているのですが、一般質問ができません

5月22日から、6月10日の日程で、6月議会(船橋市議会第2回定例会)が始まっているのですが。

今回の議会では、市長の提案した予算と議案、専決処分などの行政報告に対する質疑しかできません。

ひどい話です。

船橋市議団がほぼ毎週作成している、議会報告「ミニにゅうす」用に、原稿を書きましたが、

原文のままではないので、こちらに原文を引用しておきます。

 

船橋市議会では、新型コロナウィルス感染症の感染拡大を口実に、議員活動を自粛させるような暴挙が、与党によって強行されています。議会の民主主義にとって深刻な事態です。議会として、市長からの協力要請に応じたり、3密を避ける・マスク着用などは当然としても、一部の議員が、一般質問や議会の傍聴について、「(一般質問をやるということは)人として問題がある」、「(傍聴はできなくて)当たり前だ」と公然と表明するなど、驚くような後退ぶりです。

自粛による影響で、日本共産党には、毎日のように深刻なご相談が寄せられ、各議員は対応に追われています。その中には、政府や自治体が想定できなかったような事態が、多数起きています。緊急事態だからこそ、議会はその役割を果たすべきです。実態に合わないコロナ対策の是正や、コロナ渦に紛れて強行されようとする暴挙を止めるなど、市民の声を全力で市政に届けるべきです。

 重要な議会ですが、議会が自らの手足を縛るような日程を強行しました。そのため、市政の諸問題を質せる一般質問は取りやめになっています。本会議では、市長提案の議案と行政報告、議員らの発議案が議題となり、傍聴は、密集を防ぐため定員を大幅に削減して行います。しかし、市民から寄せられる請願や陳情を審議する常任委員会は、すべて、傍聴が中止になっています。

 市民の皆さんには大変申し訳ない状態の議会ですが、日本共産党は、寄せられたご相談に応えるよう、全力を尽くします。

船橋市が設置した東庄町にある障害者支援施設「北総育成」について、入所者全員の陰性が確認されました。

5月15日付で、船橋市の福祉サービス部長名で、「北総育成園の入所者全員の陰性が確認されました」、との報告がありました。

 陽性となった入所者54人のうち、現在施設に入所中の50人に対し順次検査を行ってきたところ、5月12日および13日の検査で、全員が2回連続で陰性となったことを確認することができました。

なお、入所者のうち2人の方は医療機関に入院中、2人の方が新型コロナウイルス感染症により亡くなられました。
ご遺族の強い意向により、死亡日や年齢・性別等の個人情報は非公表となっています。
これにともなって、北総育成園への人的支援は、5月14日をもって、本部による 支援は終了しました。

北総育成園では、入所者の環境変化による負担を軽減するために、全国初となる、施設内での治療を行ってきました(入院治療の方を除く)。このため、はじめてとなる施設の運営にあたり、市はもちろん、県や各医療機関、千葉県知的障害者福祉協会、運営法人の他施設、有志の皆様から様々な支援がありました。また、地元、東庄町の皆さんの協力がなければ、できなかったことが、たくさんあると思います。

こうした多くの方々のご支援を思うと、感謝の気持ちで一杯になります。
船橋市の議会として、できることがあればいいのですが、外出もままならず、報告を受けるだけになっていて、本当にもどかしいです。

この間、毎日新聞の記事をご紹介しましたが、今回は朝日新聞の記事も。
朝日新聞では、4月27日に、16日・17日・20日に取材した内容を掲載、5月5日、6日、8日に特集を組んで報道していました。
我々、議員には報告がなかったことばかりで、今更ですが、本当に申し訳かった。
28日以降、近くの廃校や、車の中で寝泊まりしたり、ホテルの宿泊を断られたりと、本当に、大変だったと思います。

朝日新聞の取材に対し、松戸徹市長は、「今回は市の施設だったから支援できた。これが社会福祉法人が設置・運営する施設だったら、
行政がどう支援していくのか。同様の施設は多くあるので、今回のことを教訓に仕組みづくりをして『次』に備える必要がある」
などと答えていますが、議会にとっては、かなりな重大発言です。

この回答、しっかりと追求しようと思います。

うれしいお知らせが届きました!お問い合わせが多数寄せられていた、特別定額給付金(1人10万円の給付)について、第1報です。

 本日、5月13日付で、船橋市福祉サービス部長より、各議員宛に、連絡がありました。

 

 1.DV避難者について

 船橋市では、特別定額給付金(1人、10万円の給付)について、配偶者等からの暴力を理由に避難している方(DV避難者)に対し、市独自で申請の手続きの案内を実施しました。申請を行ったDV避難者へは、515日から口座への振込みが始まります。
また、51日より受付を開始したオンライン申請の同日受付分についても、515日から給付が実施されます。

 【特別定額給付金における国の支援措置】

令和2424日から430日までの間に、住民票を居住地に移すことが出来ない次の①~③のいずれかに該当する方が申出書を提出することにより、世帯主でなくとも同伴者の分を含めて特別定額給付金を受け取ることができるよう、自治体間調整を実施するものです。

① 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること

② 婦人相談所の証明書や配偶者暴力対応機関の確認書が発行されていること

③ 令和2428日以降に住民票が現居住地に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

※ なお、51日以降も随時申出書の提出を受け付けています。

 

【船橋市の取り組み】

住民票を移しているDV避難者も多数存在していることから、市独自に、427日時点(基準日)で、船橋市の住民基本台帳で閲覧制限等の「支援措置」の対象となっている方や、国の支援措置により船橋市への申出書の提出があった方(両者の計約400件)に、申請書類を送付。
また、511日までに申請された149件(355人※同伴者分を含む)に対し、515日に一人あたり10万円の給付を実施。
市では、DV避難者のお手元に給付金を給付できるよう、引き続き市の広報やホームページ等を活用し、対象となる人に気づいてもらえるよう周知に取り組んでいます。
DVを理由に避難し住民票の移動ができない方で、まだ特別定額給付金に関する申出をしていない方は、まず、船橋市の特別定額給付金コールセンターへご相談ください。

〇船橋市特別定額給付金コールセンター(514日開設)電話0120-122784ふなばし

(月曜~金曜午前9時から午後8時土日祝午前9時から午後5時)

 また、DVで悩んでいる方でまだ相談をしたことがない方は、ひとりで悩まずに女性相談室へご相談ください。

 〇船橋市女性相談室専用電話047-431-8745(月曜~金曜午前9時から午後4時)

 

.オンライン申請への給付について

 

船橋市では、オンライン申請の受付を国のスタートと同時に51日から開始しました。

512日までに10,738件の申請があり、現在審査を順次進めています。

51日申請のうち不備がなかった1680件(4210人)分について、515日に第1回目の振込を実施します。

52日以降申請分につきましては、審査が終了したものから順次振り込みを進めてまいります。

 

.今後の特別定額給付金の給付予定

 オンライン申請は引き続き受付中です。郵送申請のための申請書については、518日から市内のDV避難者を除く全世帯に順次郵送し、5月中に全世帯への送付が完了する予定です。なお、感染拡大防止のため、手続きはオンラインと郵送で行っています。

船橋市での1日当たりのPCR検査人数が、ようやく40人台になりました!!

今日は、5月9日。本日も、船橋市保健所から、議員あてに報告が来ています。

昨日の保健所で実施した検査で陽性が判明した方は2名。この結果、船橋市で発表した累計患者数は、121例となっています。

前回のブログを更新してから1週間。この間の検査状況は、

3日は、26人の調査で、陽性者は0、
4日は、27人の調査で、陽性者は1名
5日は、6人の調査で、陽性者は0、
6日は、11人の調査で、陽性者は0、
7日は、21人の調査で、陽性者は0、
8日は、17人の調査で、陽性者は1名、
9日は、42人の調査で、陽性者は2名。

今日は、42人の方の調査が行われています!!ちょっと、驚きました。
実際、相談件数がどうなっているのか、日別の相談件数のデータは報告がありません。
だいたい1日300件程度のご相談が来ますから、14%になった!というところ。

私自身が、船橋市が行っている検査について、統計的なデータを調べ始めたのは4月7日の緊急事態宣言の日から。
最初に保健所から資料は、3月31日から4月3日までの短期間ですが、

3月31日は、相談件数275件に対し、検査人数は12名、陽性者は0、相談件に対する検査の実施数は4%程度、
4月1日は、相談件数349件に対し、検査人数は7名、陽性者は0、
2日は、相談件数363件に対し、検査人数は26人、陽性者は5人、
3日は、相談件数が351件に対し、検査人数は15人、陽性者は7人となっています。

ちなみに、船橋市の患者数が増加し続けるのはこの直後で、その後は詳細なデータをいただくことが困難になり、
現在に至るまで、議員あてには1週間ごとに、相談件数と検査人数が報告をされてきます。

PCR検査を増やすことの重要性については、よかったら、こちらをご参照ください。
日本共産党の委員長、志位和夫衆議院議員が、検査数について発言しているので、ぜひ↓

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-05-09/2020050904_01_0.html

少し、引用しますね。

「PCR検査を本格的に増やして、感染の全体像を把握する(ことです)。今のPCR検査は、あまりに少ない。
人口10万人あたり、イタリアやドイツはだいたい3000件、お隣の韓国で1200件、日本は190件。桁違いに少ない。 
たいへん印象深かったのは、厚生労働省のクラスター対策班の西浦北大教授が、実は、実際の感染者は、発表されているものの
「少なくとも10倍以上いる」、つかめているのは「氷山の一角だ」と、こう率直におっしゃった。
専門家会議の尾身副座長も「10倍以上というのはその通りだ」ということを、この前の記者会見でおっしゃいました。」

1日も早い、自粛の解除は、市民の切実な願い。でも、ワクチンが確立するまでは、長丁場になるコロナウィルスとの戦い。

私は文系で、数字やグラフは大の苦手。でも、科学の力も借りられるように必死になっているところです。

 

船橋市の検査件数は、相談件数の8%にしかなりません。増えない理由はいったい何なのか。ブログを更新しました。

今日は、5月3日。船橋市からの感染者数が届いたばかりですが。

報告内容は、
「昨日の船橋市保健所で実施した検査(検査 人数 26 人)では、
新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されなかったことをお知ら せします。
現在、市内における患者は 116 例となります。」

 

26人?たった、26人!船橋市は、1日当たり、40件以上の検査が可能になったのに!
毎日、相談センターには300件を超える相談が来ているのに!  

とにかく、検査数がちっとも増えない!!なぜ、増やさないのか!!と、悔しい気持ちでいっぱいです。

政府の検査数を絞りこむ作戦は、いまだに、現場では機能していると考えられます。
必要な方をPCR検査するのではなく、重症の方だけを検査するからこんなことに。

毎日、300件を超す相談が、相談センターに寄せられ、電話がつながらない、という相談が、寄せられています。
ところが、船橋市の検査数は、5月1日は16人、2日は38人、3日は26人。1日平均で、8%程度です。

 

先日、「相談センターで使用しているマニュアルでは、相談から検査へにつなげる項目が厳しすぎる、
これでは検査件数がすすまない」、という報道を受けて資料要求しましたが、

結果は、「非公開」でした。理由は、「内部的な資料だから」です。

市長は、会見の中で、「医師の判断があれば、検査が受けられるようにする」と述べていましたが、
現場では、機能していない、といっても過言ではありません。本当に市中感染を止めたいなら、症状のあるなしにかかわらず、
リスクの高い福祉施設の利用者・職員・医療従事者から優先的に、次に、休みたくても休めない、流通・小売業で働く方を対象に、
全市的な検査に踏み切るべきです。

 

無症状感染者のリスクを理由にして、市民に外出するな!と繰り返すなら、

こちらも、繰り返し続けなければなりません。

もっと、検査しろ!!と。

 

 

船橋市内の感染者は107人、感染経路がわからない方は59名に上ってます。

本日、4月26日に、船橋市保健所から議員への報告があり、市内の感染者は1名増えて、107例になりました。

今回の感染者の方は、103例の方と同じ福祉施設の利用者。
濃厚接触者は29名となっており、集団感染の有無を確認するため、利用者17名、職員12名の全員にPCR検査を実施し、
この方だけ、陽性が確認されたとのこと。

この方は80歳の女性の方ですが、発症日は「不明」、現在の重症度は「無」になっているので、おそらく、無症状感染者の方だと思います。
今回のPCR検査の結果、陰性だった方も、健康監察を実施する、とのことですが、
なぜ、市内の福祉施設の入所者と職員全員を対象としたPCR検査をしないのか、改めて、市の対応が問われるともいます。

 

日本共産党船橋市議団では、第2次の要望書を24日の金曜日に提出しましたが、市内施設の検査については、
前回、10日の第1次の要望書で提案させて頂きました。それは、北総育成園のことがあったからです。
北総育成園の教訓は、活かされないまま、市内福祉施設のクラスター発生リスクは回避できないまま、です。

本日までに、感染経路が不明な方は、依然として感染者の6割にのぼります。
4月20日から26日までの感染者数は、22名。このうち、発症後も公共交通機関を利用していた方が、9名ほどいらっしゃいます。
引き続き、市中感染が無くならない限り、自粛を解除するのは難しい状況であると考えます。

4月22日に、船橋市は約12億円のコロナ対策のための補正予算を組み、

ドライブスルー方式でPCR検査を行いことになりましたが、当面は12件だけ。
現在の保健所の検査件数と合わせて、約50件で、軽症・無症状の方のため宿泊施設は、まだ、公表されていません。・

一日も早く、PCR検査数を増やして、無症状感染者の方の待機施設を確保すべきです。

家賃が払えなくてお困りの方に使っていただきたい、住宅確保給付金制度。本日から、支給対象が変わりました。船橋市の窓口をご紹介します。

住宅確保給付金制度をご存知でしょうか。本日からは、住宅を失う恐れのある人も対象になります。
アルバイトが休業になり家賃が払えない、こんな学生の方も多いのではないでしょうか。ぜひ、活用してみてください。

住宅確保給付金は、生活困窮者自立支援法に基づく制度の一つ。離職や廃業が給付の要件でしたが、今日、20日からは、新型コロナウィルス感染症の影響で、休業を余儀なくされ、収入が減った方が対象となります。

窓口は、各自治体の「生活困窮者自室支援制度」の担当部局になります。
船橋市では、こちらをご覧ください。

写真は、海老川の遊歩道。桜が散った後も、点描画のように綺麗な新緑が楽しめます。

20200419_20200420194401

船橋市内での感染経路不明な方は85人中51名に

    本日、4月19日に、保健所から議員への報告が来ています。
市内の感染者は3名増えて、85例になりました。
また、これまでに感染した方のうち、感染経路が不明な方は51名になりました。

本日報告のあった3名のうち、
83例の方は、発症したのは4月11日で、判明日が4月18日です。発症後も公共交通機関を利用していました。
この方の濃厚接触者は2名になっています。
また、この方の場合は発症から判明がまでの期間が長いだけに、
濃厚接触者から、さらに濃厚接触した方が増えている可能性があります。

また、85例目の方は、すでに感染が確認されている50例の方の濃厚接触者です。
そのため、公共交通機関の利用や、濃厚接触者は無しとなっています。
ただ、この最初の50例の方は、感染経路不明です。
濃厚接触者が3名いて、そのうちの2名の方が感染しています(62例、85例)。

現在までに、感染経路が不明な方は、感染者の6割にのぼります。
市中感染が無くならない限り、自粛を解除するのは難しいのではないでしょうか。
また、発症してからすぐに検査ができれば、公共交通機関を利用することはなく、
市中感染のリスクを軽減することができたはずです。

一日も早く、PCR検査数を増やして、無症状感染者の方の待機施設を確保すべきです。
引き続き、船橋市と、千葉県への対応を求めていきます。

 

写真は、八重桜。
でも、葉っぱの色といい、花の雰囲気といい、私の好きな和菓子の「道明寺」に見えて仕方がありません。

20200419

県内すべての市町村長から森田千葉県知事への要望

  4月13日に、千葉、船橋、松戸、柏のそれぞれの市長の、連名での申し入れに引き続き、
4月14日には、千葉県市長会と千葉県町村会から森田健作知事宛に要望書が提出されています。
「新型コロナウィルス感染症対策に関する緊急要望について」で、内容は多岐にわたっています。

1.県と市町村の情報共有・緊密な連携について
2.物資不足への対応について
3.小・中学校等の臨時休業等への対応について
4.医療・介護サービス提供体制の確保等について
5.地域経済対策について
6.財政措置について
7.その他

A4サイズで、9ページになります。その全ての内容に賛同できるわけではありません。
しかしながら、この間、日本共産党の千葉県議団や、千葉・船橋・柏・松戸など、それぞれの市議団が、県や市に対して行ってきた要望事項と同じ内容が、多数、含まれています。

読み終えてから、思わず涙がこぼれたのは、一番最後のページ。
千葉県町村会 会長、東庄町の岩田利雄町長の名前を見た時です。北総育成園の所在地の町長さんです。

緊急要望書自体にも、胸が苦しくなるような項目が出てきます。現在進行中の、住民の悲鳴に近い状況ばかりだからです。

この緊急事態に、森田知事はなぜ、機敏に対応できないのか。
昨年の台風被害の初動の遅さに反省はないのか。
県内全ての自治体から要望されなければ分からないのか。
怒りが込み上げてきます。

でも。
野党である私たちと、市町村長の皆さんとに一致点がある、ということに、小さいけれども、希望が見えたような気がします。
議会が、今できることをする。そのためき、全力を尽くしたいと思います。

写真は、昨年の4月15日の早朝、新京成の滝不動駅の踏切で、撮影。なんだか美味しそうな葉っぱが、コンクリートの隙間から元気よく生えていたので、思わず、撮影。

Img_3435 

より以前の記事一覧