フォト

金沢和子の活動日記

  • 使えないトイレの写真です!!
    金沢和子の活動を写真で紹介しています。写真として残ることは少ないのですが、写真のあるものは、随時、掲載する予定です。

リンク集

« 船橋市内の感染者は107人、感染経路がわからない方は59名に上ってます。 | トップページ | 船橋市での1日当たりのPCR検査人数が、ようやく40人台になりました!! »

船橋市の検査件数は、相談件数の8%にしかなりません。増えない理由はいったい何なのか。ブログを更新しました。

今日は、5月3日。船橋市からの感染者数が届いたばかりですが。

報告内容は、
「昨日の船橋市保健所で実施した検査(検査 人数 26 人)では、
新たに新型コロナウイルスに感染した患者は確認されなかったことをお知ら せします。
現在、市内における患者は 116 例となります。」

 

26人?たった、26人!船橋市は、1日当たり、40件以上の検査が可能になったのに!
毎日、相談センターには300件を超える相談が来ているのに!  

とにかく、検査数がちっとも増えない!!なぜ、増やさないのか!!と、悔しい気持ちでいっぱいです。

政府の検査数を絞りこむ作戦は、いまだに、現場では機能していると考えられます。
必要な方をPCR検査するのではなく、重症の方だけを検査するからこんなことに。

毎日、300件を超す相談が、相談センターに寄せられ、電話がつながらない、という相談が、寄せられています。
ところが、船橋市の検査数は、5月1日は16人、2日は38人、3日は26人。1日平均で、8%程度です。

 

先日、「相談センターで使用しているマニュアルでは、相談から検査へにつなげる項目が厳しすぎる、
これでは検査件数がすすまない」、という報道を受けて資料要求しましたが、

結果は、「非公開」でした。理由は、「内部的な資料だから」です。

市長は、会見の中で、「医師の判断があれば、検査が受けられるようにする」と述べていましたが、
現場では、機能していない、といっても過言ではありません。本当に市中感染を止めたいなら、症状のあるなしにかかわらず、
リスクの高い福祉施設の利用者・職員・医療従事者から優先的に、次に、休みたくても休めない、流通・小売業で働く方を対象に、
全市的な検査に踏み切るべきです。

 

無症状感染者のリスクを理由にして、市民に外出するな!と繰り返すなら、

こちらも、繰り返し続けなければなりません。

もっと、検査しろ!!と。

 

 

« 船橋市内の感染者は107人、感染経路がわからない方は59名に上ってます。 | トップページ | 船橋市での1日当たりのPCR検査人数が、ようやく40人台になりました!! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

近況報告」カテゴリの記事

調査活動」カテゴリの記事