フォト

金沢和子の活動日記

  • 使えないトイレの写真です!!
    金沢和子の活動を写真で紹介しています。写真として残ることは少ないのですが、写真のあるものは、随時、掲載する予定です。

リンク集

« 家賃が払えなくてお困りの方に使っていただきたい、住宅確保給付金制度。本日から、支給対象が変わりました。船橋市の窓口をご紹介します。 | トップページ | 船橋市の検査件数は、相談件数の8%にしかなりません。増えない理由はいったい何なのか。ブログを更新しました。 »

船橋市内の感染者は107人、感染経路がわからない方は59名に上ってます。

本日、4月26日に、船橋市保健所から議員への報告があり、市内の感染者は1名増えて、107例になりました。

今回の感染者の方は、103例の方と同じ福祉施設の利用者。
濃厚接触者は29名となっており、集団感染の有無を確認するため、利用者17名、職員12名の全員にPCR検査を実施し、
この方だけ、陽性が確認されたとのこと。

この方は80歳の女性の方ですが、発症日は「不明」、現在の重症度は「無」になっているので、おそらく、無症状感染者の方だと思います。
今回のPCR検査の結果、陰性だった方も、健康監察を実施する、とのことですが、
なぜ、市内の福祉施設の入所者と職員全員を対象としたPCR検査をしないのか、改めて、市の対応が問われるともいます。

 

日本共産党船橋市議団では、第2次の要望書を24日の金曜日に提出しましたが、市内施設の検査については、
前回、10日の第1次の要望書で提案させて頂きました。それは、北総育成園のことがあったからです。
北総育成園の教訓は、活かされないまま、市内福祉施設のクラスター発生リスクは回避できないまま、です。

本日までに、感染経路が不明な方は、依然として感染者の6割にのぼります。
4月20日から26日までの感染者数は、22名。このうち、発症後も公共交通機関を利用していた方が、9名ほどいらっしゃいます。
引き続き、市中感染が無くならない限り、自粛を解除するのは難しい状況であると考えます。

4月22日に、船橋市は約12億円のコロナ対策のための補正予算を組み、

ドライブスルー方式でPCR検査を行いことになりましたが、当面は12件だけ。
現在の保健所の検査件数と合わせて、約50件で、軽症・無症状の方のため宿泊施設は、まだ、公表されていません。・

一日も早く、PCR検査数を増やして、無症状感染者の方の待機施設を確保すべきです。

« 家賃が払えなくてお困りの方に使っていただきたい、住宅確保給付金制度。本日から、支給対象が変わりました。船橋市の窓口をご紹介します。 | トップページ | 船橋市の検査件数は、相談件数の8%にしかなりません。増えない理由はいったい何なのか。ブログを更新しました。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

近況報告」カテゴリの記事