フォト

リンク集

金沢和子の活動日記

  • 使えないトイレの写真です!!
    金沢和子の活動を写真で紹介しています。写真として残ることは少ないのですが、写真のあるものは、随時、掲載する予定です。

« マンダリンカフェで13年ぶりの味と再会して、思わず涙が。 | トップページ | 船橋市施設カルテが公表されています »

財務省のずさんさにア然。ひど過ぎる国有地管理の実態

久しぶりのブログの更新だというのに。内容がひどすぎてガッカリです。船橋市内の国有地を公園として購入するはずだった国有地が、あまりにもひどい管理状況のため、市は、購入を断念することに。20数年来、要望してきた三山地域の皆さんの気持ちを考えると、腹立たしい。

現在、船橋市議会は第4回定例市議会の真っ最中です。本日、28日に、急きょ、建設委員会が開会されるとのことで、傍聴させて頂きました。

開催理由は、

●本年3月に予算計上した「三山8丁目国有地の取得を断念する」ことになった

●断念するに至った経過を説明する

●規約期限が28日なのでそれまでに開催したい

とのこと。写真の図面は、現地の周辺図です。

20181128

経過を伺うと、7月に、財務省関東財務局千葉財務事務所から、土地の状況説明があったが、その際、土地について課題があることが判明。

その確認で8月に、千葉財務事務所と現地調査をおこなった。

課題については、

1.境界が未確定の場所がある

2.越境構造物のある土地を占有者への譲渡または越境物の撤去

3.排水構造物の撤去

4.隣接地からの雨水流入の止水

5.占有未手続構造部の撤去

などです。

つまり、国有地の中に、隣地との境界が決まっていないところがあったり、となりの土地からはみ出したりしているものがあったり、雨水管や地下埋設などがあるから、何とかして欲しい、ということですよね。

10月3日に松戸徹市長名で、千葉財務事務所の大島朗所長宛てに文書を送り、回答が来たのが10月29日。その回答書は、課題ごとに回答が書いてありますが、最後の部分がヒドイ。

「以上のとおり回答いたしますので、現状有姿での売却方針についてまして、何卒ご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。」!!

びっくりです。

つまり、「財務事務所としては、何もしない方針なのでよろしく」って、そういうことですよね。

ここで委員会は休憩。詳細な説明については、個人情報に抵触するといけないから、という配慮で、中継はお休み。

しかし、所管課からの説明で、財務省の管理のずさんさはひどい物でした。とりわけ、占有構造物などは、設置から20年近くが経過しており、時効取得の申し出が考えられるというのですから、どんだけ放置したのか、驚きます。

森友学園問題で、あれだけ私たち国民の財産である国有地を私物化して、その維持管理が問題になったのに、財務省はちっとも懲りていないのだと、あきれます。

地元では、公園が出来ることを20数年来、要望してきました。
市が購入を断念したことは7本当に残念ですが、今回は国の責任は重大ではないかと。
国の責任は、明確にすることが必要だと、今後の対策を検討中です。

« マンダリンカフェで13年ぶりの味と再会して、思わず涙が。 | トップページ | 船橋市施設カルテが公表されています »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

近況報告」カテゴリの記事

常任委員会」カテゴリの記事

調査活動」カテゴリの記事