フォト

リンク集

金沢和子の活動日記

  • 使えないトイレの写真です!!
    金沢和子の活動を写真で紹介しています。写真として残ることは少ないのですが、写真のあるものは、随時、掲載する予定です。

« 市立図書館の運営を民間に丸投げする、指定管理制度の導入は反対します | トップページ | 九州地方地震の義援金と2000万人署名へのご協力と »

92年の人生で、2度と繰り返したくないこと

昨日、後味の悪い結果となった議会でしたが、たくさんの方が傍聴に来てくださいました。ありがとうございました!で、夏の参議院選挙まであと102日(予定)、気を取り直して、地域での活動開始です!

20160330
写真は、金杉台団地の風景。場所にも寄りますが、写っている桜は、すでに5部咲きほど。元公団の団地は、四季の花が美しいです。

今日の訪問先は、私の大先輩が暮らす、金杉台団地。今年92歳になる彼女ですが、本当にお元気です。
さすがに、手押し車を頼りながら、ゆっくり、ゆっくり歩くのですが、おしゃべりの方は、今までと全く変わりません。

帰り際に、「私ね、ボケ防止をかねて、自分史を書き始めたのよ。」と教えてくださいました。
彼女の趣味は油絵なので、「じゃあ、表紙と挿絵も描いたらいいですね!」と話すと、とてもうれしそうに、いろいろ話してくださいました。

これまでの人生で、一番辛かったのは19歳のとき。疎開先で父親の具合が悪くなり、一家全員の生計を賄うことになったこと。どうしていいのか、分らなくなって途方にくれたと話してくれました。

「それから10年、朝昼晩と働き通しだった。そのときのことに比べれば、今の苦労はなんでもないけど。でも、戦争はダメね。本当に。」

戦争で辛い思いをしたからこそ、2度と繰り返してはいけない。だから、足が痛くても腰が痛くても、戦争法廃止のために、デモへ、集会へ足を運ぶのだと思います。
国際平和支援法とか、平和安全法制整備法とか、集団的な自衛権だとか、どんなにごまかしたって、戦争経験者には通用しません。

4月にまたお会いする約束をしました。
今度は、美味しいお蕎麦を一緒に食べる予定です。

« 市立図書館の運営を民間に丸投げする、指定管理制度の導入は反対します | トップページ | 九州地方地震の義援金と2000万人署名へのご協力と »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「近況報告」カテゴリの記事