フォト

リンク集

金沢和子の活動日記

  • 使えないトイレの写真です!!
    金沢和子の活動を写真で紹介しています。写真として残ることは少ないのですが、写真のあるものは、随時、掲載する予定です。

« 日本共産党丸山慎一県議会議員の事務所開きに参加しました | トップページ | 自然を守れ!辺野古を守れ!新基地建設絶対反対!JR津田沼駅の宣伝に参加 »

今期最後の文教常任委員会で質疑を行いました

3月16日に開催された文教常任委員会が、今期最後の委員会になりました。安倍政権の暴走は、市町村の教育委員会にも大きな影響を与えています。今回は、まさに、その条例提案でした。

Photo_2
写真は、条例の「新旧対照表」向かって左側が新条例。「教育長」の文字が無くなっています。

昨年の6月に強行された、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律」が、この4月から施行されます。この法律の「改正」は、「教育委員開会悪法」というべき内容で、現在の教育委員会を国や市長から独立した組織から、国や市長の下請け期間に変更するという内容です。この法律の提案に際して、日本共産党として、国民の皆さんへの呼びかけも発表しました。

安倍政権の「教育委員会改悪法」に反対する国民的共同をよびかけます
侵略戦争美化の「愛国心」教育、異常な競争主義の教育を許さない
2014年4月18日 日本共産党

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-04-19/2014041905_01_0.html

「お国のために血を流せ」と子どもたちに教えた戦前の中央集権型の教育行政の反省から、1948年に、選挙で選ばれた教育委員たちが、その自治体の教育のあり方を決めるという、民主的な制度として発足したのが、教育委員会です。

しかしその後、公選制は廃止され、歴代の自民党政権が「君が代・日の丸」など国の方針を学校現場に押し付けるため、教育委員会事務局にその役割をおわせ、教育委員会の自主性を奪ってきました。

それでもなお、教育委員会には「首長からの独立性」が残されていました。安倍政権は、この教育委員会の“最後の砦(とりで)”ともいうべき「首長からの独立性」を取り上げてしまったのです。

今回の条例提案は、これを船橋市で実施するための提案であり、日本共産党は、反対しました。

間接税の税率を引き上げ、政策を秘密にし、教育を偏向し、海外との経済競争を激化させ、そのために軍隊を海外へ派兵する。

これだけ書くと、戦前の日本のようですが、これは、今の日本の現実ですよね。

消費税の増税、秘密保護法、教育委員会の改悪、TPP、集団的自衛権の行使容認。

いよいよ、本当に最後の砦は、「日本国憲法」になりつつあると実感します。

憲法を守るために。まずは、いっせい地方選挙で勝利すること。
議会も一段落したことなので、これから各地域で市政報告会を行います!

 

« 日本共産党丸山慎一県議会議員の事務所開きに参加しました | トップページ | 自然を守れ!辺野古を守れ!新基地建設絶対反対!JR津田沼駅の宣伝に参加 »

「常任委員会」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「近況報告」カテゴリの記事