フォト

リンク集

金沢和子の活動日記

  • 使えないトイレの写真です!!
    金沢和子の活動を写真で紹介しています。写真として残ることは少ないのですが、写真のあるものは、随時、掲載する予定です。

« 日本共産党船橋市議団のホームページ | トップページ | 千人の音楽祭にふさわしい環境整備を! »

日本AALA全国縦断学習講演会

2月8日に、日本AALAが主催する全国縦断学習講演会で、日本共産党副委員長で国際委員会の責任者を務めている緒方靖夫さんを講師に招いて、「激動の世界情勢と平和の共同体―ASEANとCELACを中心に」という学習講演会が日本青年館で開催されましたので、参加しました。

Photo

 

 日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会、略称:日本AALAは、日本とアジア・アフリカ・ラテンアメリカ・地域の諸国民相互の理解と親善をはかり、民族自決、民主主義、人権擁護、社会進歩のための連帯活動をすすめ、国連憲章に基づく平和の国際秩序、公正、民主の新国際経済秩序をめざして活動し、世界平和に寄与することを目指している団体です。(詳細は、日本AALAホームページでhttp://www.japan-aala.org/profil/profil-1.html

 

 

 日本共産党の副委員長、といっても、船橋市で緒方さんの話を聞く機会というのは、ほとんどありません。しかも、国内の話ではなく、緒方さんの専門である国際政治の話をまとまった形で聞く、ということになると、私自身、千葉県AALAの会員じゃなかったら機会すらなかったかもしれません。
 
 緒方さんといえば語学が堪能で、日本語以外に、中国語・英語・フランス語・ドイツ語・ロシア語・スペイン語などをはなされるとのこと。だから、訪問先の各国で、公非公式にもいろんなお話をされるので、その非公式のほうのお話が非常に印象的でした。

今日の本題ではありませんが、チリを訪問されたときの話が良かったです。

 

 それにしても。ASEAN(東南アジア諸国連合)や、CELAC(中南米・カリブ諸国共同体。現在33カ国が参加)など、紛争を戦争せず、話し合いで解決しようという平和の枠組みが世界各国で進むなかで、集団的自衛権行使にしがみつく安倍政権の時代遅れぶりと危険性をあらためて実感しました。

« 日本共産党船橋市議団のホームページ | トップページ | 千人の音楽祭にふさわしい環境整備を! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「調査活動」カテゴリの記事

「近況報告」カテゴリの記事