フォト

リンク集

金沢和子の活動日記

  • 使えないトイレの写真です!!
    金沢和子の活動を写真で紹介しています。写真として残ることは少ないのですが、写真のあるものは、随時、掲載する予定です。

« 今度の日曜日は、ぜひ! | トップページ | 千葉県立行田公園の入り口に横断歩道を »

今年も、よろしくお願いいたします

今頃ではありますが、年頭にあたりまして、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。新年の初仕事は、毎年恒例のお正月宣伝。今年は3日に、丸山慎一県議会議員とご一緒させていただき、市内を宣伝カーで回りました。

2013

年末は、いろんなことがありました。うれしいこと、がっかりなこと、心配なこと、でも、やっぱり良かったと思うこと。でも、年末に起きた出来事が、新年にこれだけ大きな影響を与えることもなかったのではないか、と思われるほど大きな影響だったのは、総選挙です。

昔の安部内閣が、教育基本法を改悪してしまったとき、「それでも、まだ、憲法がある!」と、自分を励ましたことを覚えています。それが、昨年末の選挙では、この「憲法」が争点に。本当に、こんな日がこようとは、夢にも思っていませんでした。

その後、憲法9条を守る会が全国的に広がり、私も地域で会員となり、憲法に触れる機会が増えるにつれ、改憲の危険な動きはますます強まっています。そして、それが、現実の日程にまでのぼるかもしれません。本当に、残念でなりません。

すぼらな私にとって、日本国憲法で一番なじみがあるのは、実は、前文。今、パソコンでこの文章を打ちながら、目の前に掲げてある日本国憲法前文をしみじみと眺めています。文章全体が格調高く、こんな前文を持つ憲法の豊かさを感じますが、とりわけ好きな部分は次の段落。

「われらは、平和維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」

この言葉通りの日本を、いつか実現したいと思うのですが、実現よりも前に、この文章そのものを守らなければならないようです。憲法9条を守り、日本を戦争しない国にするために、自分の子どもも、友人・知人の子どもも、同じように戦争に送り出さないために。今年も精一杯、がんばります。

« 今度の日曜日は、ぜひ! | トップページ | 千葉県立行田公園の入り口に横断歩道を »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事