フォト

リンク集

金沢和子の活動日記

  • 使えないトイレの写真です!!
    金沢和子の活動を写真で紹介しています。写真として残ることは少ないのですが、写真のあるものは、随時、掲載する予定です。

« 東電を救え!と、言われても・・・ | トップページ | 9月議会が始まります »

「復興への希望」が持てる施策を急いで

3月11日、日本共産党は「東北地方太平洋沖地震対策本部」を設置し、全国の党機関などに被災者の救援を訴えました。これを受けて日本共産党千葉県西部地区委員会からは、宮城県石巻市へ救援ボランティアを派遣しています。宮城県石巻市のある党東部地区は、8月末までにのべ4923人のボランティアが参加。日本共産党船橋市議団からは、石川・岩井・金沢の3名が参加をしました。

Photo_5写真は、救援センター。ボランティア活動の説明を受けています。このセンターも、震災当日は津波に襲われ、腰まで水につかる被害を受けました。写真手前は、寄せられた救援物資。

石巻市は人口約16万人のうち、死者・行方不明者は約4000人。40人に一人が死亡・行方不明という状況で、県内でも最大の被災地となっています。最も津波の影響を受けた、石巻港に面した門脇町・南浜町の状況を日和山公園から確認すると、海から山裾まで、住宅・建物がほとんどありません。震災当日、この山に避難した住民は、自分の家が津波にのまれていくのを見ながら、津波にのまれる人たちの悲鳴を聞くことになってしまいました。

Photo_6
写真は、日和(ひより)山公園から、石巻港方面を見ているところ。津波で最も被害を受けた門脇町付近。もとは一面の住宅街でした。左端は、市立石巻病院。

 なぎ倒された電柱、ひしゃげたシャッター、ねじ曲がった橋の欄干。海沿いには流された乗用車が見上げるほど積まれ、津波の威力に圧倒されました。


避難住民の今後も深刻です。

8月末をもって、避難所は閉鎖され、避難住民は仮設住宅へ移ることになります。しかし、避難所で受けていた食料支援などは、受けられなくなります。仮設住宅への移動は、災害救助法上では「自立」と見なされてしまうからです。これから冬の支度のために、衣類や暖房器具などの出費は避けられません。義援金があっても、安定した収入の見通しがないために、お金を使うことが不安となっています。寝る場所が変わっただけ、生活費は義援金頼み、こんな状況を、本当に「自立」と呼べるでしょうか。

現地で感じたことは、今、緊急に必要なのは、入居後も必要に応じて生活支援物資が定期的に届くようにすること、安定した収入が確保できるようにすることではないか、ということです。

安心して買い物も出来ないでいる住民に、国は責任を持って展望を示すことが求められているのではないでしょうか。

« 東電を救え!と、言われても・・・ | トップページ | 9月議会が始まります »

「近況報告」カテゴリの記事