フォト

リンク集

金沢和子の活動日記

  • 使えないトイレの写真です!!
    金沢和子の活動を写真で紹介しています。写真として残ることは少ないのですが、写真のあるものは、随時、掲載する予定です。

« 参議院選挙投票日まで、あと2日!! | トップページ | わずか5ヶ月で船橋市の保育のあるべき姿を検討?強引な運営の「船橋市保育のあり方検討委員会」 »

「こんな世の中だからこそ、がんばってもらうしかない」との声に

参議院選挙期間中は、温かいご支援とご協力を頂き、ありがとうございました。みなさんの期待に応える結果が出せず、申し訳ありませんでした。選挙が終わり、さまざまなご意見、ご感想を頂くのですが、今回は、ほとんど同じ内容のお叱りが寄せられ、今まで以上に深刻に受け止めています。それは、「政策の話し方が悪い」というもの。来年の一斉地方選挙での活動に活かすために、努力したいと思います。

2010_3

「データや数字もりだくさん、言っていることは正しいけれど、結論を押しつけられているような感じ。そうではなくて、日々の暮らしが大変でなんとかしてほしい、月々の医療費負担で不安になっている自分たちに、この「思い」に寄り添うような話しをしてほしい、こんな世の中だからこそ応援しているのだから」、と。 
そんなご意見を伺って、いるうちに、ふと、思い出しました。

「そもそも、国政は国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表がこれを行使し、その福利は国民が享受する。(日本国憲法前文より、一部抜粋)」
政党が国政を担えるのは、国民の意思に基づくからこそ。
その国民のみなさんに、「熟慮を重ねた末に、日本共産党を選んだ」と言ってもらえるような、みなさんの気持ちを大切に活動できるように、改めて力を尽くします。

« 参議院選挙投票日まで、あと2日!! | トップページ | わずか5ヶ月で船橋市の保育のあるべき姿を検討?強引な運営の「船橋市保育のあり方検討委員会」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事