フォト

リンク集

金沢和子の活動日記

  • 使えないトイレの写真です!!
    金沢和子の活動を写真で紹介しています。写真として残ることは少ないのですが、写真のあるものは、随時、掲載する予定です。

« 筋金入り | トップページ | 念田川調整池を安心して利用できるように »

ようやく実現した夏見公民館改修工事

夏見公民館は、1952年に設置され、市内では4番目に歴史があり、地域住民に大切にされている公民館です。1981年に現在の姿になったわけですが、いかに愛されていても、市内では3番目に建設年度の古い公民館。利用者からは改修の要望がよせられていました。

Photo  左の写真は、1階実習室。空調設備が撤去された部分は、物置だなとして利用出るよう、整備されていました。

空調は、全館一斉の設備でしたから、和室が寒くて暖房を入れると、集会室では暑くて困るということもあったようです。今回の改修によって、各部屋で空調管理が行えるようになり、各団体の利用実態に合わせられるようになりました。

また、利用者の高齢化がすすみ、特に敬老会に参加する方から「階段を上れなくなってきたから、来年は行かれないなとの要望がよせられました。行事を行っている講堂は、公民館の2階にあったからです。
船橋市に対し、エレベーターの設置を要望しましたが、施設が古く設置はできないという回答が出されていました。これに対し、利用者の中から『だったら、バリアフリーの公民館を作ってもらおう』と署名が集まりました。
こうした利用者の切実な要望が、公民館の館長をはじめ、担当課や教育委員会を動かし、「現状の施設でなんとかできないか」と検討が始まりました。今年度、建物の外側に設置する工法でエレベーター設置が決まったときには、本当に感慨深い思いがしました。

 これ以外にも、和室利用者のために椅子を増やすことや、トイレの洋式化、集会室に防 音設備を整えることなどを、利用者のみなさんといっしょに要望し、実現することが出来ました。歩みはゆっくりでしたが、これからも、施設の充実に向けて、力を尽くします。Photo_2

階、集会室の窓。2重窓で防音をしてあります。

« 筋金入り | トップページ | 念田川調整池を安心して利用できるように »

「生活相談」カテゴリの記事

「調査活動」カテゴリの記事

「近況報告」カテゴリの記事