フォト

リンク集

金沢和子の活動日記

  • 使えないトイレの写真です!!
    金沢和子の活動を写真で紹介しています。写真として残ることは少ないのですが、写真のあるものは、随時、掲載する予定です。

« 西部公民館がオープンしました | トップページ | 街頭へ »

政治を変えよう!女性の集い

両親の介護の不安、子どもの就職の不安、毎日使う食品への不安などなど、現代の家庭を支える女性の不安は増えるばかり。だからこそ、女性自身が声を上げて、不安の解消に向かって力を合わせましょう!という、女性の集いが開催されました。私も、政治を変える女性の一人として、参加してきました。P4270057

集いには、190人が参加。日本共産党の紙智子参議院議員を迎えて、「食の安全と日本の未来」と題する講演と、来る衆議院選挙でみなさんにご支持のお願いをする予定の加藤英雄さん、斉藤和子さんの訴え、そして、日本共産党の女性議員が集まりました。

この千葉県では115名の日本共産党の議員が活動していますが、このうち50名が女性!!今日は、25名が壇上に上がり、みなさんとともに政治を変えようと呼びかけました。

私は、紙智子参議院議員と直接お話したのは初めて。穏やかな話しぶりの中にも、農政の充実に取り組む熱意が感じられる、素敵な講演に、すっかりファンになってしまいました。P4270058

参議員では農林水産委員として活動されていて、講演の中では、現在、日本日本共産党が出している「農業再生プラン」について、分かりやすく解説していただきました。とくに、

  • 民主党が主張している農業を守るという政策が「所得保障」のみで、日本共産党が主張する「価格保障」と「所得保障」の両方ではないこと、
  • 「価格保障」によって、農産物を販売することによって生産費を回収するだけでなく、生産量が増えることによって収入増になることから、農業経営者のやりがいにもつながる、

という話には感動しました。

私自身、微力ながら地元の農家の方とお話し、農業政策を伝える中で、「有機肥料を使っておいしいニンジンやネギをいくらつくっても作るほどに赤字になる、なんでこんな思いをしなければならないのか」というお話を伺っていただけに、がんばって作ったら、作った甲斐のある農業でなければ、日本の農業に未来はないと実感していたところでした。

地元、夏見の農家のみなさんの気持ちは、「あと10年も続けられない。こんな少ない収入では子どもに継がせることは出来ない。俺の代でおしまいだよ」という状態。こんな思いをさせない農政を、ぜひ、みなさんと一緒に実現したいと思います。

« 西部公民館がオープンしました | トップページ | 街頭へ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「近況報告」カテゴリの記事