フォト

リンク集

金沢和子の活動日記

  • 使えないトイレの写真です!!
    金沢和子の活動を写真で紹介しています。写真として残ることは少ないのですが、写真のあるものは、随時、掲載する予定です。

« ベネスエラ訪日代表団千葉県歓迎集会 | トップページ | 「だまされては、いけない!」 »

幼稚園での保護者負担の軽減を

幼稚園に子どもを通わせている保護者の方から、「保育料が毎年のように値上げされている。これ以上の値上げされたら、通園することが出来ない」との声が寄せられました。

6月議会では、この問題について、議会で質問を行いました。

 市内幼稚園の平均保育料は、97年度~05年度で、17000円から19916円へと毎年上昇しています。

 また、04年度から05年度では、市内43園のうち、24園で、保育料を含めた納付金が値上げされ、前年の金額より4400円もあがった園もあります。

 今議会では、保護者負担の軽減をはかるため、就園補助金を増額すること、公立の幼稚園を設置して、経済状況にかかわらず入園を可能とし、各園で異なる保護者負担や教育環境に対して、基準を設けるべきと質しました。

市は、「保育料や入園料の値上げや保護者の経済的負担に柔軟な対応を検討する」と答弁。今後は、保護者負担の抑制について、検討することを約束しました。

また、公立幼稚園の設置は検討しないが、「地域的に入園しづらい状況があるので、県や私立幼稚園連合会に定員について要望する」と答えました。

実は、船橋市は入園後に払う、保護者負担について、どこの園でどんな負担をしているのか、調査を行っていませんでした。

日本共産党は、今後は船橋市に保護者の負担や入園ができない実態を調査させ、保護者負担軽減の実現に向けてに引き続き力を尽くします。

« ベネスエラ訪日代表団千葉県歓迎集会 | トップページ | 「だまされては、いけない!」 »

「本会議質疑」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事