フォト

リンク集

金沢和子の活動日記

  • 使えないトイレの写真です!!
    金沢和子の活動を写真で紹介しています。写真として残ることは少ないのですが、写真のあるものは、随時、掲載する予定です。

« 普通学級で学ぶ障害児に一日も早く職員配置を! | トップページ | 「靖国」という口実 »

一人一人が平和を大切にする社会のために

新年あけましておめでとうございます。昨年も地域のみなさんに支えられ、活動することが出来ました。本年も、ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。昨年の抱負で、自分の言葉で憲法を語れるようにしよう!と、抱負を立てましたが、成し得ないまま新年を迎えてしまいました。(^^;)

一年を振り返ってみると、それなりに悪戦苦闘はしたのですが・・・残念です。でも、残念では済まされないので、今年も引き続き、憲法の学習会をはじめ、さまざまな取り組みに積極的に参加しようと思っています。

昨年の取り組みの中で、実感したことは、「私たち一人一人に、平和を守る立場にたつかどうかが問われている」という、社会状況だということでした。自分自身も含めて、平和の立場に立つ人を、一人でも多く増やすことが、大事な時期に来ているということです。市議会議員という立場上、たくさんのみなさんと接する機会があり、その一つ一つの機会を生かすことは大切なことです。でも、一番身近な人に、平和な日本を伝えることをしてこなかったことを、とても反省しています。それは、自分の家族、とりわけ自分の息子に真剣に接してきたか、ということです。

私事で、とても恥ずかしいことですが、息子の成長に接するたびに、事件や事故から息子を守りたいと不安になります。子育て中の多くのみなさんが、こうした不安を抱えていると思うのです。こうした保護者の不安を取り除くこと、そして、息子をはじめ、彼の友達みんなが、日本という国を作ってゆく立場に立ったとき、平和な日本であることを選択してくれるように活動したい、と思うようになりました。これは今年の抱負というよりは、一生かけて取り組む大事業かもしれないのですが。

保育園の民間委託反対運動も、おそらく、山場を迎えることになると思います(「財政健全化プラン」では、平成18年度が実施時期になっているからです)。安易な「官から民へ」が、国民の命さえ犠牲になるかもしれない事態が続出するなかでの、正念場の年。全力を尽くして取り組む決意を申し上げ、今年も引き続き、みなさんのお力添えを心よりお願いいたします。

« 普通学級で学ぶ障害児に一日も早く職員配置を! | トップページ | 「靖国」という口実 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「近況報告」カテゴリの記事