フォト

リンク集

金沢和子の活動日記

  • 使えないトイレの写真です!!
    金沢和子の活動を写真で紹介しています。写真として残ることは少ないのですが、写真のあるものは、随時、掲載する予定です。

«       マンションシンポジウム開催のお知らせ | トップページ | 木津僧侶、無事釈放です! »

憲法9条を守れ!全国の宗教者からもメッセージ

pic_01721 自民党新憲法起草委員会(委員長・森喜朗前首相)は二十八日、十一月の立党五十周年党大会にむけて「新憲法草案」を発表。日本を戦争ができる国にしようという動きが強まる中で、平和を求める宗教者のみなさんが、積極的に活動をはじめています。

写真は、カトリック麹町聖イグナチオ教会で行われた、「宗教者九条の和 輝かせたい憲法九条 第1回平和巡礼とシンポジウム」です。

 憲法草案の内容は、アメリカに追随して日本を戦争に巻き込むための大改悪になっています。草案の「前文」からは「再び戦争の惨禍が起ることのないやうにする」という決意は完全になくなり、九条一項の『戦争の放棄』残ったものの、『戦力保持の禁止』と『交戦権の否認』を規定した九条二項を削除し、「自衛軍の保持」を明記されました。

 こうした動きに強い抗議を示し、平和を呼びかける宗教者の集まりがありました。一つは10月24日・25日と二日間の日程で行われた「日本宗教者平和会議」。もう一つは、「宗教者九条の和」の「第一回平和巡礼とシンポジウム」です。

 この集まりの中で、とても印象的だったのは、「宗教者は政治に関わるべきではないが、宗教は人間がいかに生きるべきかを示すものであり、人類の歩みにおいて過ちがあるときは、それが過ちであると語りかけよう」という提案でした。
 一方、私は政治に関わる人間として、宗教者の語りかけを真摯に受け止め実践する立場です。共に力を尽くすことを、改めて決意する機会となりました。

«       マンションシンポジウム開催のお知らせ | トップページ | 木津僧侶、無事釈放です! »

「学習会・研修会」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「近況報告」カテゴリの記事